自家歯牙移植

2015/04/21

自家歯牙移植。

虫歯が骨の中まで進行。

保存不可能。

抜歯直後。

親知らずを2本抜いて、小さい方を選択。この日3本抜歯してます。

ワイヤーにて固定。

右下の奥歯が、保存不可能な状態です。

抜歯後の処置として
1.ブリッジ
2.インプラント
3.1本入れ歯
4.親知らずの移植
5.そのまま

この5つから、治療法を選択していただきます。
それぞれ良い悪いがあります。

今回は、
・年齢22歳(インプラント治療はできればもう少し歳を取ってからしたい)
・ブリッジでは両サイドの天然歯を削らなければならない。
(できればしたくない)
・ちょうど良いサイズの親知らずがある

等、考慮した上で、移植法を選択。

少しサイズが小さいですが、おそらく上手く付くはずです。

経過観察が必要です。

条件が揃えば、移植法は意外と上手くいきます。
お困りの際は、ぜひご相談ください。

サイズが少し小さいですが、いい感じに入りました。

自家歯牙移植一覧

安部徹歯科医院 院長
安部徹
スタッフ紹介

プロフィール

●出身地:福岡県 
●趣味:テニス、ゴルフ
<所属>
 南カリフォルニア大学 visiting scholar取得
 JCTD会員
 AII会員
 SJCD会員
 日本口腔インプラント学会会員
 日本顎咬合学会会員
 TSF塾
 ICOI会員

■経歴
平成9年4月ー九州大学歯学部入学
平成15年3月ー九州大学歯学部卒業
平成15年4月ー筑紫口歯科クリニック勤務
平成17年3月ーひいらぎ歯科医院勤務
平成20年10月ー宗像こころ歯科院長就任

メッセージ

医院理念 『自分自身、自分の大切な人が安心して受けられる医療(技術、衛生面、おもてなし、空間)を提供する』 診療方針 医院理念に基づき、とりあえずの治療ではなく、きちんとした審査、診断のもとに、個人個人に合わせた1口腔単位での永続性のある包括的歯科診療を行う。 『百聞は一見に如かず』治療方針や診療内容は、画像や絵を用いて説明するようにこころがけています。