ジルコニアクラウン審美修復

2013/10/08

下顎前歯部ジルコニアブリッジ症例

ブリッジ症例は被せものに強度が必要になります。

以前は、メタルフレームを使用していましたが、現在はジルコニアフレームを使用することで、強度的にも、審美的にも、対応可能になりました。

下顎前歯部は、骨幅が少ない場合が多く、インプラント治療が困難な事があります。